乳がん

MENU

バストアップサプリは乳がんを発症させてしまうのか

エストロゲン過多,発症リスク,規定量

 

バストアップサプリを飲むことで気をつけたいのは乳がんです。

 

プエラリアサプリ自体は特に問題がある成分は含まれていません。

 

しかし、エストロゲンの活性化が過剰状態になることでエストロゲン過多が心配されます。

 

エストロゲン過多になると、月経異常などの他に、乳がんの発症リスクが格段に高くなってしまいます。

 

もちろんプエラリアサプリと乳がんの因果関係は今のところはっきりしたことはわかっていません。

 

エストロゲン過多,発症リスク,規定量

 

しかし、確実にエストロゲン過多は乳がんの発症リスクを高めてしまいますので、プエラリアでエストロゲン過多が心配される以上はプエラリアサプリはお勧めできません。

 

また、プエラリアサプリはすでに乳がんを発症している方が飲むことで、乳がんを大きくさせるとの報告があります。

 

もともと乳がん発症リスクがある方がプエラリアサプリを飲むことはお勧めできないことがわかります。

 

適切な量を飲んでいても体調を崩す方が多くいるほど、プエラリアサプリは作用が強いのですね。

 

ピンキープラスは乳がん発症リスクを高めるのか

 

エストロゲン過多,発症リスク,規定量

 

同じく女性ホルモンに作用するブラックコホシュを配合したピンキープラスも乳がんになる可能性があるのかとても心配になりますよね。

 

ブラックコホシュは乳がんの発症リスクは高める心配はないといわれています。

 

プエラリアほどエストロゲン活性はありませんのでそもそも、エストロゲン過多になる心配がありません。

 

ですから安全性は高いといえるのです。

 

適正量を守って飲む分にはピンキープラスは安全性がとても高いサプリメントといえるでしょう。

 

エストロゲン過多,発症リスク,規定量

 

むしろブラックコホシュは乳がん治療後のホルモン療法にも使うことができる安全性の高いハーブなのです。

 

乳がんの手術をするとホルモン療法で更年期障害の症状が出てしまいます。

 

ブラックコホシュはほてりや発汗といった更年期障害の症状を軽減させる働きがあるので、代替療法として有効だと言われています。

 

しかも副作用の症状は発生せずとの報告もあります。

 

もちろん、ブラックコホシュの安全性は規定量を守った上ですよ。

 

バストアップサプリでエストロゲン過剰?